Arts and Crafts, Food and Styling, Tradition and Originality

人を喜ばすアートの集まり

人を喜ばすアートの集まり

スチュアート・ウィルソンの念願だった3Dのアートの世界、ペルソナランドが扉を開けた。そしてついにギャラリーが開館。

ニューヨークで会った時に説明を受けたが、これでやっと彼の思っている世界が理解できた。
今までピンバッジだったペルソナが自由に動きまわり、ホースやドラゴンがお迎えに来てくれる。
頭だけの猫と犬が話しかけてくる。
ぜひこのサイトに入って経験してほしい。

Personaland.com

ここにあるHUTとはギャラリーだ。
世界各地から応募してきたアーティストの作品が、このギャラリーで見ることができる。
私も出品した。

今回は全員、平面の作品だったが詩の朗読や演劇、歌、立体の作品を発表したければ動画を送り、シアターで見ることができるようだ。
世界中でこんなアートギャラリーがあっただろうか?
垣根がない、すべての人々に可能性がもたらされている。
しかも今回の応募作品のプリントを、スチュアートはニューヨークの本物のギャラリー
New York Open Center, 22 East 30th, New York City
で展示している。

personaland.com/journeys-submit.php

ここから入って名前や作品名、作品の説明などを書き込んで、写真を送ると
今からでも間に合う。
そして彼らは本当に手弁当で頑張っているので、できれば少しだけでも
寄付をしてあげるといいんじゃないかなと思う。

今からでも応募できるからアート作品を持っている人は急いで!

コメント


認証コード6375

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional